Just another WordPress site

1萌え情報

未分類

映画「GODZILLA 星を喰う者」の感想・評判・評価まとめ

投稿日:


この記事は私がまとめました

choco-rollさん

メカゴジラシティは陥落。人類はゴジラに為す術がなく、神を呼び出す準備を始める・・。

静野孔文監督作。

2018年11月9日劇場公開。90分。

『GODZILLA 星を喰う者』見てきた。評価は分かれそうだけど、個人的には非常に良かった。SFとして面白い。なるほど虚淵玄作品だなという感じ。三部作全部を映画館で迫力ある映像で見れて良かった。

GODZILLA 星を喰う者 を見てきました。
これまた色々と凄かったですね。なんかもう、開いた口が塞がらなくなってしまいました(本編みた人ならこの気持ちが分かるはず)
でも面白いことは確かです。皆さんも一度見に行かれてはいかがでしょうか?

『GODZILLA 星を喰う者』
3部作の完結編。期待外れという意見もすごく分かるが、個人的には面白い試みがなされた3部作だとは思っています。
「ゴジラ」とは何なのか、『シン・ゴジラ』とは別の角度から考えられる作品だと思います。

ネタバレを見る前に

GODZILLA 星を喰う者 #アニゴジ 中盤以降は何を語ってもネタバレを避けられない状況なので、具体的なことは言うに言えないが、怪獣映画のエンタメのロジックを完全に投げ捨ててあのラストに帰結し完成させた事は素直に凄いと思う。面白いSF映画だった。

ゴジラのアニメ映画『GODZILLA 星を喰う者』をレイトショーで見てきた。

三部作の最後の作品。
まどマギでも有名な虚淵玄さんがストーリーを作っていて、深いし面白い
けど、私は二作目の方が面白かった。
二作目は身体の芯から震える様な怖さがあったけど、この作品はそこまででもなかったな。

SF映画として

「GODZILLA 星を喰う者」視聴完了。三部作としてどう終わるのかなぁって思ってたんですけど,割りと無難な終わり方だと私は思う。最初からいってたけどSFとして見た方が面白い。三部作目に当たる今作は十分満足です

『 GODZILLA 星を喰う者』観た。へえなるほどね……うん、たぶん三部作ではいちばん面白いです。途中はワクワクしました。抗えない"荒神"としての怪獣を描き、怪獣プロレスやりたくないはけっこうですが、その分セカイ系の分量が多すぎて、拗らせた中二病こそ、なんとかしてほしかったなあ。 pic.twitter.com/2APlkCV3B4

人間ドラマ

『GODZILLA 星を喰う者』
前作では科学、今作では宗教の力でゴジラと対する。
信じるものの異なる種族間の対立、人間ドラマは相変わらず面白い。
ハルオの最後に取る行動はハルオらしい納得のいくものだった。
各章で種族ごとにはっきりテーマが分かれていて、とても観やすい三部作だった。 pic.twitter.com/6NOXcG5Rmq

『GODZILLA 星を喰う者』
あまりにもな評判が流れてきていたので心配していたけど、全く杞憂だった。まずエンタメ性が高いから単純に面白い。アレが出てきてアレはああいう法則でっていう偽科学も楽しいし、ゴジラそのものの原点を虚淵らしいSF感で再解釈した点が一番興味深かった。

GODZILLA 星を喰う者、ただキングギドラの描き方に関しては結構好き。怪獣というより思念体みたいな描き方だけど全ての法則が効かない存在として描くのは面白い。完璧に証明されていた法則が崩れていく光景を見た人類の恐怖は見応えあった。まぁ主人公の禅問答が挟まれていちいち邪魔してくるけど…。

ゴジラを知らなくても

『GODZILLA星を喰う者』見てきました。
このアニゴジシリーズを見てる人なら怪獣がどのくらい動き暴れ戦うかは想像つくと思うので、敢えて言いません。
話的には通しで見る事をお勧めするくらい面白いので、ゴジラを知らない人でも見やすい出来かと思います。

3部作のそれぞれの感想

「GODZILLA 怪獣惑星」←面白い

「GODZILLA 決戦起動増殖都市」←面白い

「GODZILLA 星を喰う者」←まぁまぁ

アニゴジ3部作を観た感想。
怪獣・メカニックデザインと戦闘演出が良い。
ストーリーは第3部だけイマイチ。前2作は良い。
パンフレットが素晴らしい。

『GODZILLA 怪獣惑星』→ゴジラじゃないけど面白い!次期待!

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』→ん?あれ?

『GODZILLA 星を喰う者』→あ、虚淵玄の極めて個人的な映画だ。

-未分類

Copyright© 1萌え情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.