Just another WordPress site

1萌え情報

未分類

【ネットの評判】劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか-オリオンの矢-

投稿日:


この記事は私がまとめました

暇人3さん

劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか    -オリオンの矢-

概要

2度にわたってTVアニメ化され、キャラクターのユニークな服装などで話題を呼んだ、人気ライトノベルが原作のファンタジー初の劇場版。英雄になることを夢見て迷宮都市オラリオにやって来た少年ベルと女神のヘスティアらが繰り広げる物語が描かれる。新キャラクターのアルテミスの声を坂本真綾が演じる。

ダンまちは可愛いキャラが多くておじさん困っちゃう

ダンまちおもろかった…次はギアス!((((((((っ・ω・)っ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

概要

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(ダンジョンにであいをもとめるのはまちがっているだろうか)は、大森藤ノによる日本のライトノベル。イラストはヤスダスズヒトが担当。2013年1月からGA文庫(SBクリエイティブ)より刊行されている。略称は『ダンまち』。

ダンまちの小説、最新刊最高!!
いい展開で泣きそうだった

ダンまち面白くて草 なんでもっと早く教えてくれなかったんだよ

映画はオリジナルストーリー

ストーリー

迷宮都市・オラリオは、神時代以前より受け継がれている神月祭に沸き立っていた。リトル・ルーキーとして都市を賑わせた冒険者ベル・クラネル(声:松岡禎丞)と彼の主神ヘスティア(水瀬いのり)も、その喧騒の中にいた。色とりどりの屋台や催しが夜の闇を照らし出し、月光が都市全体を淡く包み込む。都市の喧騒の遥か上空で静かに佇む月は、英雄の誕生と、新たな冒険譚の始まりを待っていた……。

監督と美術監督が交代した以外は変更点はなく、テレビアニメのスタッフが続投する。 内容は、原作者書き下ろし脚本だが、原作小説にはないアニメオリジナルストーリー。

ネットの評価・評判

ダンまちの映画マジでクソ面白かったし冗談抜きで泣いたから見てほしい

振休だったので仙台にダンまちの映画観に来た。
アルテミスさま…

@kuromoko_tea 語りきれないストーリーの中から抜き出して映画化する作品きらいだ,でもダンまちだから許しちゃう・・・・

ダンまち見に行ってきました
久々に映画館で泣きそうになった笑 pic.twitter.com/qA3V3FmgoV

ダンまちの映画見に行ったけどめっちゃ良かった。
泣きそうになった。
もらったのは第3弾の色紙で第1弾と第2弾の小説も欲しかったなぁ。
色紙はアルテミスやった pic.twitter.com/SY9fftkiYE

ダンまちの映画見ようと難波来たのに今日の分終わってた...

ダンまち ちゃんと映画のクオリティだった。ヘスティアの飯テロ映画

ダンまち映画観終わりました。
泣けるって程でもないけど
アルテミス悲しいね。って感じでした。
色紙は残念ながら残っていませんでした

@m17nxx ダンまち知っとるんか
映画割とよかったぞい

-未分類

Copyright© 1萌え情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.